田舎漁師の自慢の逸品!美味しい大谷真鯛が今だけ超特価でご提供!

 

出荷量前年比4割減 大谷真鯛が困ってます。

 

 

古くから養殖が盛んな高知県須崎市。養殖に適した地形を持つこの土地で40年以上の歴史を誇る養殖真鯛ブランドの「大谷真鯛」が新型コロナウイルスの影響でフードロスとなる危機にあります。

大谷真鯛の出荷量は一昨年と比べると6割程度、値段も半分以下に。

 

いままで関西圏を主軸として高級料亭等にも使われてきた大谷真鯛。姿・形・色・太り具合などの厳しい基準を突破したものだけが大谷真鯛として出荷されてきました。


その鮮やかに光り輝く明るい飴色の身は、お祝いの席で揺るぎない存在感を放ちます。

 

 

大谷真鯛4つの特徴 

 

1.恵まれた地形と豊かな漁場

 

大谷真鯛が育てられる須崎市の野見湾は土佐湾沿岸では珍しく、養殖に適した入り組んだリアス式形状。

野見湾は3つの入江が入り組み太平洋に近く黒潮が流れ込む特別な漁場で、夏場に暖かく、冬には冷たい潮流が流れ込みます。

水温が暖かい夏に、魚は元気に泳ぎ回り、多くのエサを食べることで肉付きよく成長し、冬には水温の低下とともに身が締まり、程良く脂ののった鯛に育ちます。潮の流れが日によって変わるため魚が活発に動きます。この豊富な運動量により固すぎず、柔らかすぎない適度に身が引き締まった魚が生育されます。

 

 

2.こだわり抜いた生簀

1つの生簀で飼育する尾数を制限することで、生簀の中が広々と使えるため、お魚が受けるストレスを少なくしています。さらに生簀のサイズは通常より小さいサイズを使用。

小さい生簀だからこそ一尾一尾に目が届く、きめ細やかな飼育を行っています。

 

生簀には常に遮光シートを被せ、真鯛が日光にやられるのを防いでいます。

自然界では数10mから100mの深く光の届きにくい場所を住処としている真鯛本来の生育環境に近づけてやることで、ストレスが少なく健康な状態で育てることができます。


3.美味しさにこだわる

餌の品質や量を厳しく管理し、魚の太り具合、身質を常に注意しています。一匹一匹に目を配り、太りすぎず痩せすぎない適度な量のエサを計算して与えています。

 

4.見た目の美しさにこだわる

出荷時には熟練の漁師が一尾ずつ魚を厳しくチェック。

料理に使いやすい大きすぎず小さすぎない、適度なサイズを漁師が一匹一匹手作業で仕分け、魚の色味が鮮やかな赤色をし、背骨がまっすぐと通った美しい個体のみが大谷真鯛として出荷されていきます。

 

 

こうして育てられた大谷真鯛は、肉厚でコリコリとした歯ごたえで、高級料亭で食べるようなまろやかで上品な味わいの真鯛に育ちます。一口食べると、身の締まり・艶・脂の乗り具合ともに最上質と瞬時にわかる口当たり。養殖独特のくさみはなく、深い味わいが口の中に広がります。

こんな大谷真鯛が安く買えるのは今だけ!

 

田舎漁師が自信を持って育ててきた大谷真鯛。

コロナの影響で出荷数が減り、行き場に困った大谷真鯛を高知かわうそ市場では特価にてご提供します!

 

最高の鯛をお気軽に味わっていただけます。ご家庭の食卓が料亭に!!

 

(商品一覧)

 田舎漁師の自慢の逸品!ブランド鯛「大谷真鯛」1匹

・中サイズ(1.5〜1.8kg):¥1,980
・大サイズ(1.9〜2.2kg):¥2,280
・特大サイズ (2.3kg以上):¥2,480